ビーラインの安さの理由は?

ビーラインで販売するタイヤがお求めやすい、大きく3つあります。

  1. 一流メーカー商品を工場直送の一括大量仕入れで安い!
  2. 自社倉庫や配車管理を用い、物流コストを抑えて安い!
  3. タイヤ販売のみに特化して徹底的にコストを抑えて安い!

国内メーカーと海外メーカーのタイヤの違いは?

価格面では、海外メーカーのものが比較的安価な傾向にあり、特にアジアンタイヤとではその差は顕著です。
性能面では、国内メーカーのものが比較的性能の高いものが多いですが、海外メーカーのタイヤであっても高品質のものも多数ございます。

またビーラインでお買い上げ頂きましたタイヤには、国内メーカー/海外メーカー問わず全てのタイヤに【タイヤ品質保証書】を無料で発行しております。
タイヤ品質保証について »

タイヤの寿命は?

タイヤに使用されているゴムの寿命は一般的に約5年程と言われています。それ以降はゴムの劣化が著しく進むため、たとえタイヤの溝が十分に残っていても交換をお勧めしています。
タイヤ交換の目安として、見分け方がいくつかありますのでご紹介いたします。
下記の状態のタイヤを装着されている場合、当店では早めの交換をお勧めしております。

擦れ

タイヤの摩耗状況のチェックで最もわかりやすいのがスリップサインです。
スリップサインとは、タイヤの溝の中にある約1.6mm盛り上がった箇所(4〜9ヵ所程)を指します。
残溝がスリップサインと同じ高さになると(残溝が約1.6mm以下の場合)、法律違反となり車検でも不合格となります。

擦れたタイヤ

割れ

タイヤのバースト(破裂)や変形、エアー漏れなどに繋がるのが割れです。
タイヤ側面の細かいひび割れや、溝の中の長くつながった縦割れ等、症状は様々です。
割れは、ゴムの劣化で生じる硬化、タイヤの空気圧不足、日光や雨風に晒され続けることにより生じます。

割れたタイヤ

変形

タイヤ側面にコブができたりタイヤ全体が歪んでしまっている状態が変形です。
タイヤの割れから雨水が浸透してワイヤーが切れたり、縁石に乗り上げる等の衝撃でワイヤーが切れてしまうことにより変形します。
予兆の無い急なバースト(破裂)による衝撃によりハンドルを取られる危険性が高いため、当店ではできる限り交換をお勧めしております。

SUV/RV車専用タイヤとは?

特殊な施工やパターン切りをしたSUV/RV車(ミニバン)に最適なタイヤのことです。
また、SUV用タイヤには、更にオフロード用、オンロード用という分類もあります。 SUV/RV車専用タイヤには、通常タイヤと比べて下記のような特徴があります。

  • 車重の重さに起因する、ブレーキ性能とタイヤの耐摩耗性の向上
  • 車高や重心の高さに起因する、走行時のふらつきを抑える
  • 乗り心地の向上
  • 燃費の向上
  • 車内の静粛性の向上

SUV/RV車は、一般的なセダンタイプ等の車に比べ、車重が重く車高が高いため、通常タイヤを装着するとふらつきやすく偏摩耗しやすい傾向にあります。
当店では、SUV/RV車にお乗りのお客様には可能な限りこのSUV/RV車専用タイヤを装着されることをお勧めしております。

スタッドレスタイヤ(冬タイヤ)とは?

スタッドレスタイヤとは、「スタッド=鋲(びょう)」が「レス=ない」タイヤのことです。以前の冬タイヤは、鋲のついたスパイクタイヤが主流でしたので、それに相対する「スタッドレスタイヤ」が現在冬タイヤを指す呼称として普及しています。
通常タイヤ(夏タイヤ)と比べスタッドレスタイヤの特徴はゴムの質と溝の深さです。スタッドレスタイヤのゴムは、低温環境下でもしなやかさを保つことができる性質を持っています。さらに走行時の滑りの原因となる氷上の水膜を除去するための工夫が施されています。

スタッドレスタイヤには、通常タイヤ(夏タイヤ)としての使用限界を表すスリップラインとは別に、プラットフォームと呼ばれるスタッドレスタイヤとしての使用限界を表す目安も施されています。

スタッドレスタイヤのプラットフォームとスリップライン

スタッドレスタイヤが擦り減り溝が浅くなってくると、スタッドレスタイヤとしての性能を発揮できなくなってきます。この目安がプラットフォームで、溝の深さは新品の50%を表しています。擦れがプラットフォームまで到達した時点で、新品から50%摩耗したということです。残溝が50%以下になるとスタッドレスタイヤとしての使用限界を迎え、冬タイヤ性能は無くなります。
ですが、擦れがスリップラインに到達するまでは通常の夏タイヤとして使用できます。

パターンとは?

タイヤのトレッド部(接地面)には様々な溝や切り込みが刻まれており、これをトレッドパターン(パターン)と呼びます。
パターンは下記の役割を果たしており、各タイヤメーカーの工夫が垣間見える箇所になります。

  • 駆動力と制動力の増加
  • 雨天走行時の溝に入る水の排水
  • 操縦安定性や放熱性の向上
  • デザイン面の美しさ

乗用車のタイヤを例に、大まかに3種類をご紹介します。

対称パターン

装着にあたり表裏、回転方向を問わないパターン。

対称パターンタイヤ

非対称パターン(インアウトパターン)

左右で模様が違うパターン。タイヤ側面にOUTSIDE(外側)、INSIDE(内側)の表示があり、偏摩耗しにくいパターンです。

非対称パターンタイヤ

方向性パターン(ローテーションパターン)

タイヤ側面に「Rotation」と回転方向を示す表記があるパターン。溝や切り込みに方向性を持たせて、排水効果を高めたパターンです。

方向性パターン(ローテーションパターン)タイヤ

ホイールのインチアップインチダウンとは?

ホイールのインチ数を上げることをインチアップ、下げることをインチダウンといいます。
例えば14インチのタイヤホイールを15インチに大きくすことをインチアップ、13インチに小さくすることをインチダウンという具合です。

ホイールのサイズ変更は、スピードメーターやオドメーターのズレを防ぐためにタイヤサイズも適正なものを装着する必要があります。ホイールサイズの変更をご検討の方は気軽にご相談ください。

低扁平と高扁平の違いとは?

扁平(率)とは、タイヤの接地面に対するタイヤの高さの比率を示すものです。
接地面からホイールまでの距離が長いタイヤを高扁平タイヤ、逆に、接地面からホイールまでの距離が短いタイヤを低扁平タイヤと呼びます。
高扁平/低扁平の明確な基準はありませんが、一般的に扁平率65以上が高扁平、扁平率45以下が低扁平と呼ばれています。

特徴
高扁平 ・クッション性が高く乗り心地が良い
・接地面が小さく燃費性能が高い
低扁平 ・コーナリング性能やハンドリングのレスポンスが高い
・動力が伝わりやすく加速性能が高い

LINE@はじめました  お見積りやご質問など気軽にお問合せください♪  友だち追加

LINEでお問い合わせ

メールでお問い合わせ